英語力は身に付けておいて損はない!

日本国内の外資系企業では英語力はあまり求められていない

外資系企業への転職を考えた場合、結論的には必ず英語のスキルを持っていなければならないという事はありませんが、英語のスキルがあれば仕事においては有利に働くという事です。外資系企業で働くにはそれ相応の英語力がないと入社するのは容易ではないと思っている方もいるのかもしれません。しかし、一口に外資系企業と言ってもその形態は様々であり、国内に拠点を構えているオフィスや高い役職には外国人がいたとしても社員の多くは日本人であるというケースも珍しくありません。

日本人が多く働いているという事はその分、日本語でコミュニケーションをする機会も多くなります。そのため、仕事のやりとりの中で英語力が必ず求められるという事はほとんどないのです。ただ、海外都市の支店などで働く場合、働いている社員はほとんどが外国人になるので、打ち合わせなどの仕事のやりとりは基本的に英語で行う事になります。そのため、ある程度の英語力がないと仕事に支障をきたしてしまう可能性もあります。また役職の高い人であれば本社とのやりとりも英語で行う事が多くなります。英語力がほとんどない人でも外資系への就職や転職は可能といえますが、相手との意思疎通ができる程度の英語力を身に付ける努力はしておくべきでしょう。

英語を常に勉強しておく意識は必要

英語が苦手だという方の中にも外資系企業へ転職したいという方もいる事でしょう。そんな人たちにとって英語が苦手という事でどのような問題が生じてくるのかという点は気になるのかもしれません。しかし外資系企業の場合は、その仕事内容や所属している部署などによっても求められる英語力は異なってくると言えます。例えば海外の支社や顧客と密にコミュニケーションする部署であればそれなりの高い英語力が必要になってきます。一方、比較的外国人とのやり取りが少ないと言われている製造部門ではほとんどの社員が英語力を必要としていません。

そのため、外資系企業でもクライアントが日本企業であったりオフィスの多くが日本人である場合は、むしろ仕事に対する成果が優先されている傾向にあります。ただ英語を習得する必要は全くないという事ではありません。仕事で活躍してキャリアアップしていきたいという場合、英語のスキルがあれば高いポストに就ける可能性も高くなるでしょう。また外資系企業では外国人が部下として配属される可能性もあります。そのようなケースになった時に、全く英語ができないと仕事の進捗に遅れが生じたりミスが発生するリスクが高くなります。そのような事にならないためにも英語は常に勉強していても損はないと言えるでしょう。

© Copyright Foreign Jobs. All Rights Reserved.